スリミングジェル メリット デメリット

スリミングジェルのメリットとデメリット

 

スリミングジェル,メリット,デメリット

 

スリミングジェルのメリットは、温感タイプの場合は冷えると固まるセルライトを温めて揉みほぐしてくれます。

 

血行や発汗をサポートする成分が配合されているため、脚の老廃物を排出してくれます。老廃物の排出が出来ると、むくみを解消出来ます。むくみが解消出来ると、翌朝には脚がスッキリとなります。脚の引き締め効果も期待出来る成分も含まれていて、脚痩せが出来ます。

 

このようなメリットから、スリミングジェルでダイエットにピッタリです。スリミングジェルの中には美容成分も配合されているものもあり、それを使用すると肌ケアも同時に行えます。最近では塗った後にベタベタするものは少なく、サラッとした使い心地であるため季節を問わないで1年中使えます。

 

スリミングジェルのデメリットは、スリミングジェルには種類があり温感タイプの場合は皮膚が弱い人には肌荒れを起こしやすいです。肌がヒリヒリしたりするため、使用を避けるようにします。また入浴後に使用しないと、折角の温感成分がポカポカしないです。

 

スリミングジェルには即効性はないため、毎日使用し続ける必要があります。塗るだけでは効果が出ないため、塗ったらマッサージを行なわないと効果を得られないです。

スリミングジェルで胸痩せをする

 

スリミングジェル,メリット,デメリット

 

スリミングジェルには、水溶成分が多めに配合されています。胸に塗る事で痩せる事は出来るが、ジェルに脂肪燃焼や血流促進等の効果を促す成分が含まれているためバストダウンマッサージと組み合わせると大きなバストダウン効果が得られます。

 

スリミングジェルには、脂肪燃焼や血流促進や肌の引き締め等痩せる効果を持っている成分が多く使われています。スリミングジェルの製品により配合されている成分は異なるが、痩せるのに効果的な成分を確認してから使用します。

 

主な成分としては、カフェインは脂肪分解酵素の分泌を促してくれる成分です。肌の引き締めにも、効果的です。グラウシンは燃焼しにくい体内脂肪を分解する成分で、脂肪細胞の発現抑制効果も持ち合わせています。

 

ガラナ種子エキスは、基礎代謝がアップして疲労回復や発熱促進等様々な効果を持っています。カプサイシンは、唐辛子に含まれている成分で代謝アップや老廃物の排出等を働いてくれます。マッサージを行う前に塗るのが基本で、マッサージによるバストダウン効果が更に上がります。

 

またジェルが、円滑剤代わりになります。身体が温まっているお風呂上りは、効果を高められる時間帯です。入浴後にスリミングジェルを塗ってマッサージの組み合わせを毎日続けると、着実にバストダウンが出来ます。

温感タイプのスリミングジェル

 

スリミングジェル,メリット,デメリット

 

スリミングジェルの中でも人気があるのが、温感タイプです。温感タイプは、身体を温めてくれる成分を含んでいて冷え性体質の人はポカポカして一時的ではあるが冷え対策にもおすすめです。マッサージと一緒に使うのがスリミングジェルであるため、マッサージを行うと次第に体も温まります。

 

温感持続性や即効性は温感タイプのスリミングにはあります。夏は熱くて少し使い勝手が悪いが、身体が冷える季節は重宝する成分です。また塗った部分が温かくなって、皮膚や筋肉に柔軟性が生れます。血液の巡りが良くなり、血行促進や代謝が活発化します。

 

汗を掻きやすくなり、脂肪を燃えやすい状態にしてくれます。良い事が多いが、温感タイプでもデメリットはあります。身体に塗るため、皮膚が弱い人や熱刺激に弱い人にはとても辛く感じます。駄目な人は1時間以上熱かったり痛い感覚が続くケースもあります。

 

酷い場合は、炎症を起こす可能性もあります。皮膚が弱い人は引き締め効果が高いと、温感タイプを選んでしまうと後で痛い目を見る可能性があります。自分の肌を理解した上で、最適なスリミングジェルを選びます。

 

温感タイプは水に強い反応を示すケースがあるため、入浴前や水仕事前に使用するのは厳禁です。

授乳中でも使えるスリミングジェル

 

スリミングジェル,メリット,デメリット

 

授乳中でも皮下脂肪を落としたいと思う人がいて、授乳中はお腹が空いて赤ちゃんを育てているため食事制限等のダイエットが出来ないです。自宅で手軽に部分痩せしたいママにおすすめなのが、スリミングジェルです。

 

スリミングジェルはたるんでしまったお腹やセルライトやむくみや乾燥に効果を期待出来るジェルで、授乳中のママにも重宝されます。お腹周りだけではなく、背中の脂肪や腰周りや脚の脂肪等部分的な太さが気になる部分に使う事が出来て、ここを細くしたいと要望を叶える事が出来ます。

 

スリミングジェルには温感効果があるものがあり、肌に思わぬダメージが出てしまう可能性があります。この時期には温熱作用がないタイプのものを、安心して使います。温熱作用がないスリミングジェルなら、授乳中でも使う事が出来ます。

 

実際に食事制限や運動が出来ないため、スリミングジェルを使って気になる部分をマッサージしているママも多いです。授乳中はエステに行きたくても赤ちゃんがいて行けなかったり、料金も高額です。育児にお金がかかる事を考えると、手頃な値段でダイエットがしたい人が多いはずです。

 

スリミングジェルを使うと、むくみも解消出来て溜まった余分な水分やリンパを流してスッキリとした脚を手に入れられます。

スリムバーストボディローションのお申込みはこちら!トップページへ凸凹のセルライトを解消したい方、デブ体型が気になる方は、トップページでスリムバーストボディローションの詳細をチェックしてみてください。